生理痛のカンタン対処法。

生理痛のカンタン対処法。

生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所など千差万別、一人ひとりが別々の生理痛を毎月経験しているといってもいいくらいです。

多くの女性の悩みでもある生理痛ですが、「生理痛はあって当たり前」「いつものことだから」とがまんをしていませんか?

生理痛はどうしておこるの?

生理痛の大きな要因となっているのは「プロスタクランジン」という物質です。

「ブロスタクランジン」とはホルモンに似た物質で、子宮を収縮させ子宮への血流を減少させて、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる作用があります。

その他にも、痛みの発生、免疫やアレルギー、睡眠にも関連することが知られています。

生理直前から前半まで、ブロスタクランジンという物質が急に増えます。

この物質は子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。

このように量が多すぎると収縮が強くなり、キリキリとした痛みが発生します。

血菅を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。さらに、胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にもなります。

生理後半では、骨盤を中心に血液の流れが悪くなりうっ血の状態になります。

下腹部の鈍痛、腰回りの重苦しい感覚をひきおこします。

生理痛を軽くするための方法とは?

上記のような生理痛が起こる体の状態は、骨盤内の血流に問題が起こっている状態です。

東洋医学ではこれを瘀血(おけつ)といいます。

瘀血(おけつ)の状態を端的に表すのが、ヘソの左斜め下にある大巨(だいこ)というツボの圧痛です。

生理痛がある方のほとんどの女性に、この大巨(だいこ)の圧痛が見受けられます。

生理痛のカンタン対処法→せんねん灸

ぜひ試してほしいアイテムがあります。

ネットでも、薬局でもカンタンに手に入るこのせんねん灸を活用してください。

お灸の熱が毛細血管を開いて、血のめぐりを高めることで、瘀血(おけつ)を取り除いて行くことができます。

このせんねん灸は、非常にカンタンに手軽にできるものです。

日課にして、一人でお灸をしている小学生の女の子がいるほどです。

問題はどのツボにするかですね。

生理痛に対処するためのお灸のツボ

・大巨(だいこ)

・中封(ちゅうほう)

・次髎(じりょう)

色々と良いツボがあるのですが、特にこの三つのツボがオススメです。

 

これらのツボに継続的にお灸をすることで、毛細血管を開いて血がめぐるようになることで、瘀血(おけつ)が取り除かれます。

瘀血に関しては、食べ物なども関係してきますので、今後そのあたりのことも紹介していく予定です。